アイコン作成

ファイルの形式

 アイコンは128×128ピクセルのpsd(PhotoShop形式)で作成します。

(注:それ以上のサイズでも表示することができます。ただし、枠からはみ出します。これを利用してアイコンの枠外に説明文をつけているMODもあります)

 作成する際の注意点は2つです。

  • レイヤーは1つ
  • チャンネルはRGBにアルファチャンネルの4チャンネル

 アイコンファイルの形式が上記を満たさないと、パーツを選択した瞬間にゲームが落ちるなどの不具合の原因となります。注意しましょう。

 GIMPで作成する場合、レイヤー名「背景」または「background」は新規作成で作ったときに基準のレイヤーとして作成されます。

グラフィカルなアイコン作成(GIMP使用)

  • ゲーム画面、もしくはメタセコ上でパーツを表示させて、SSを撮影する。
  • 撮影した画像をGIMPで読み込み、アイコンにしたい部分を「矩形選択ツール」で正方形に範囲指定する(アイコンの完成イメージどおりの配置になるように調整)。
  • メニュー「画像>選択領域で切り抜き」で範囲指定した箇所を切り抜く。
  • メニュー「レイヤー>透明部分>アルファチャンネルを追加」でアルファチャンネルを追加します。(※)
  • 「色による選択ツール」でアイコンにしたいパーツ外の色を指定してDeleteキーで削除します。(※)
  • メニュー「画像>画像拡大縮小」で画像を128x128ピクセルにリサイズします。
  • PSD形式でセーブして終了です。

※背景を透明にしない場合4, 5の手順は省略可

ゲーム画面でパーツのみを表示させたい

 透明化MOD「TA0467 透明カス子」もしくは「TAC2243【その他】ボディパーツを外す」 を使ってアイコン化したいパーツだけを装備してSSを撮影します。

カラバリのアイコンを作る

 アイコンの作成時にはカス子のスクリーンショットを使うと楽です。まずは下準備として、iniファイルをアイコン撮影用に調整しましょう。560x560など正方形にしておきます。アイコン本来の解像度である128x128で起動するとアイコン等の操作が不可能になりますので、最低でも560ぐらいが良いでしょう。


7c95b78196ba5243121fadb5da0a9fd5.png

 ポーズエディタを起動し、緑背景にします。

68988B8E.png

 つづいて、アイコン作成用のポーズを確定します。この時、パーツを選択する画面で位置調整を行ってください。カラーバリエーションの撮影の際、こうしておくと効率が良くなります。位置が決まったら一旦ポーズデータを保存します。

68988D82.png

 緑背景で一枚撮影します。これは切り抜きの範囲指定用に使います。続いて黒背景で同じものを撮影し、残りのカラーバリエーションを撮影していきます。あとはお使いの画像編集ソフトにて作業を行ってください。

68988DB4.png
68988E40.png

  • 最終更新:2016-05-29 16:39:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード